Information

2010/06/07

誕生日

誕生日が今年も近づいてきた。
毎年、花を贈っていただいたり、食事に招待していただいたりして有難いことだと思うのだが、昔から生まれてこなければよかったという気持ちは常にある。
結こう波瀾万丈、ふり返れば面白い年月だったのだが、この世の居心地の悪さと、いまだにこの世での座布団の置き場所がみつからず右往左往しているからだろうか。正宗白鳥はなぜ「誕生日というのは呪うべき日だ」と言ったのだろう。ルナールの言う「何とかして生まれずにおく手はないものだろうか」は分る気がする。ただ、
七十に手が届くトシになると、毎日が誕生日で毎日が命日のようなもの。誕生日どうこうより、どうこの世とおさらばできるかの方に心が傾いている。

ブログ,日記

Page Top