Information

2010/07/27

親失格

親からはいろいろと学んだが、学校へはまともに行っていないし転校も多かったので、学校で学んだと思えることが全く思いつかない。知らず知らずのうちにきっと多くの事を学んでいるのだとは思うが・・・。教育という言葉は大嫌いだ。人間、人から教えられたことなどたいしたことはなく、若い時はむしろ人から受けた刺激の方がはるかに役立っている。自分が自分で廻り道しながらも学んだこと、人から上手に盗んだもの、そんなものしかほんとうの意味で身につかないのではないだろうか。とすると、自分がどの程度の人間かと考えたときに、その責任は親でもなければ学校の先生でもない。全ての責任は自分自身にある。結局のところ、親や先生というのは、自分で学ぶ術のようなものを子どもの身につけさせることが出来ればそれで役目は終っている。・・・とここまで考えて、完全に自分は親失格だ。

ブログ

Page Top