Information

2010/08/30

ブログ

自分のホームページを作っていただいた方からのすすめで、ブログの文章を書き始めて何カ月かが過ぎた。「ブログ」などと、いまでもチョッとバカにしているのだが、友人に月に何通か手紙を書く以外、文章をかくということがめっきり減ったので、文章の訓練には丁度よいといまでは感謝しているし、何事によらず続けることの意義は大きかろうと思って書いている。
パソコンやケータイの世界、インターネットと世間さまではいまや仕事上不可欠だし、それなしでは世界が成り立たないようだが、自分はいまのところ何の必要性も感じていない。人と話をするのもメールよりは電話、電話よりは直に会って話をしたいという気持が強い。
すごく短縮され、刹那的でチョッと面白かったり、新鮮であったり、奇抜だったりするものがもてはやされているようだが、裏・表で言えば表だけの世界、奥深いものは何もないように思える。世間全体がインターネットという覚醒剤中毒に落ち入っているのでは。ケータイやパソコンに向わないとタバコがきれた愛煙家のようになっているのではと思ってしまうのは戦前生まれの戯言だろうか。暑い日が続くが、クーラーの涼しさよりは時々木陰を通り抜けて窓から入ってくる風と風鈴の音で涼をとりいまこれを書いている。

ブログ,日記

Page Top