Information

2010/09/25

朝日新聞

ロッキード事件だ、ホリエモンだ、政治とカネの問題だ、芸能人の麻薬使用・所持だと何か事あるごとにマスコミは正義面して何だかんだと高飛車に言いたて書きたてる。時の権力の監視役、正義の味方、月光仮面かと思うが実体はその逆、戦前生まれの自分たちは全く信用していない。近くは拉致問題を朝日はどう扱ったか、古くは戦前・戦中、朝日も毎日も、読売もどんな記事を書いてきたのか。そのためにどれだけ多くの人が命を落としたか、そのことの総括、謝罪はあったのか、難かしく詳しい話は知らないがと前置きして、たまたま小田原の小料理屋で隣り合った朝日新聞の名刺をくれた人に質問してみた。
彼は静かに焼酎のお湯割りを口にして、少し間をおいてから「そうなんですよね。我々はあと少なくとも百年はそのことを心にとめて仕事をしなくてはと思っています。」大嫌いな朝日新聞にこういう社員が居ることが嬉しかった。彼はまだ四十そこそこか・・・。

ブログ,日記

Page Top