Information

2010/10/11

乳房

銀座の画廊で裸婦ばかりを描いている作家の個展をみた。裸婦の顔は違っても、描かれている乳房はみな大きく豊かなものばかり。「座って、一杯いかがですか」と作家にすすめられたウイスキーをのみ雑談しているうちに乳房の話になった。彼は軟かく大きな乳房が大好きで、これは恐らく赤ン坊のとき母親の大きな乳房を吸って育ったことが影響しているのだと思うと言う。自分は大きな乳房にはあまり魅力を感じず、どちらかというと、あまりふくらみがなく円錐形で、少し固い感じがする位が好き、「花なら蕾」だと言ったら、彼は男性の乳房の好みでその人のいろいろなことが分って面白いのだという。あとで一緒に飲みに行きませんかと誘われたが人との約束があり辞退した。
チョッとその「乳房占い」の話も聞きたかったのだが・・・。

ブログ,日記

Page Top