Information

2010/10/12

今年の夏は晴天が続き、途方もなく空が高く広かった。今日は朝から雨、どんよりとした雲が低くたれこめ空が低くとても狭く感じる。空とは一体どこからを空というのだろうと辞書を引いてみたら「(自分の立っている所と違って)手の届かない、はるかに高い空間」とけっこういい加減だ。・・・ということは100階建てのビルに居る一階の人と100階に居る人とでは空の位置は異なるわけだ。
ヘリコプターに乗り、ビルにすれば80階位の高さに居る人は空を飛んでいる人、それより高いビルの100階に居る人を空に居るとは言わない、・・・要は空中に居て、地面とつながっているかどうかなのだろうが。
いま、その空で凄い雷が鳴った。何をつまらぬことを、仕事をしろと言わんばかりに。

ブログ,日記

Page Top