Information

2010/10/23

変才

(1)鬼才(2)奇才(3)天才(4)異才(5)秀才(6)英才(7)俗才(8)凡才(9)不才、人間の頭の良さなのか、出来の良さの序列か何だかよく分らないが、本を見ていたら順番に並べてあった。世によく言う英才教育というのは、なんのことはない序列七番目以下の人間を六番目に上げる努力、たいしたことはないのだ。自分はどれにあてはまるかと考えてみたら、七番目の俗才が最もピッタリくるように思える。もう一ツ十番目に変態的要素を持った人間ということで(10)変才を付け加えて貰えるなら喜んで十番目でいたいと思う。住所録をめくりいろいろな人を何番目にするか当てはめてみたが(5)番の秀才止まり、それ以上はいなかった。

ブログ,日記

Page Top