Information

2010/12/01

誤配

500メートルほど離れた所に同じ「キタムラ」姓の家がある。二・三年に一度あるかないかだが、郵便が誤まって届くことがあり、昨日も分厚い封書が誤配されて我が家のポストに入っていた。宛名は「キタムラヨシオ」と主人宛、差出人を見たら女性の名が二ツ連名で書かれていた。文字を見たら明らかに筆跡が違うので、一人一人別々に自分の名前を書いたと思われる。
何の手紙だろう・・・?無性に興味をそそられ封書を開けてみたい衝動にかられたがこれは犯罪、そっと開けて見るわけにもゆかない。これがもし葉書だったら間違いなく文面を読んでいたと思う。見られないと思うと反対になんとか「のぞき見」したくなる気持、「出来心」という言葉があるが、つい何かをしてしまう恐ろしさ、人間が過ちを犯すときとは、自分でも予想がつかず、思いもしなかったことをつい自制心をなくして、やってしまうのだろうナ・・・。と思いつつ買物のついでに駅前のポストに誤配の手紙を入れてきた。

ブログ,日記

Page Top