Information

2010/12/14

猛反発

いつの時代にも年寄りは次の時代の波に逆らい反発し、困ったことだと嘆き次世代の心配をしながら死んでゆく。でも何だかんだと言いながら人間は何千年だか生き延びてきたのだから、どうにかなるのだろうと思うし、いらぬお世話はせぬものだと最近思えるようになった。食事はスーパーの惣菜ですませられるのであればそれでよし、本は電子書籍けっこう、夫婦仲がどうもしっくりいかなければハウツウ物の本が出ていて、家庭問題、人生問題カウンセラーという肩書のオジサンが全ては解決してくれるようだから、それでよければそれで結構、変にメクジラ立てぬことだと、年寄りばかりと飲んでいるときそう言ったら猛反発をくった。「アンタは家庭が崩壊してるし孫もいないからそういうことが言えるのだ」という。「だったらこんな所で不平、不満、嘆きを口にしてないで世直しのために何かやってるの・・・?」と言ったらまた猛反発をくった。要するに世の風潮に対する嘆きを口にしているだけでストレス解消になっていて、自分達のモノの考え方に同意する仲間と喋っていることが楽しいのだろう。「何か行動を起こすようだったら言ってよ・・・じゃあまた」とひとり先に帰ってきた。やはりひとりフラフラと飲み歩くに限ると思い鎌倉小町通りを脇道に入り焼鳥屋ののれんをくぐった。

ブログ,日記

Page Top