Information

2011/02/09

神木800円

鎌倉八幡宮の樹齢千年という大銀杏が倒れて何かと話題になった。その細い枝を10cmほどに切り、透明の袋に入れ「神木」だと称して一本800円で売っていたのには驚くと同時に腹が立った。「神木」だかなんだか知らないが、参拝者の欲しい人に「お守」としてでもなんでもよいから無料で配るならまだしも、金儲けの材料にするとはあきれかえって言葉が出ない。そして駐車場は堂々と「正月料金」と称して、ふだん一時間600円が1000円になっている。神さまも金をとらなきゃ人々に幸わせを施せないらしい。昔から神も仏も、そんなものは全く信じないが、年の初めのケジメとして鎌倉の八幡さんへ行き破魔矢を求めてかれこれ四十年近く経つが、今年は買うのをやめた。そして今年限りで鎌倉八幡宮とは縁切りだ。賽銭も投げず、手も合わせず帰ってきた。それにしても日本人はお人好しだ。なんの疑問もいだかずにあんなものを買い求めるとは・・・。

ブログ,日記

Page Top