Information

2011/02/11

ご苦労さま

昨年師走に入ってから雑用に追われ、年が明けてもまだ続いていて、いまだ今年やるべき事に手が付けられないでいる。その雑用の一ツ、画文集の原画の整理。一枚一枚台紙からはがしつつ、ふとあることに気がついた。すでに印刷も終り役目をはたした彼らは、役者が自分の出番を終えて楽屋に戻ったときの表情というか、肩の荷をおろしたというか・・・。描き上げた直後の、まだこの先どうなるか分からないときの彼等とはどこか違うのだ。描き上がった直後は必死に自己主張している顔、印刷されたものはどこかよそ行きの顔、そして役目を終えた彼等は悠々自適には程遠いが、つまらぬ欲から解放され、あきらめもあって少し丸くなったご隠居さんの顔といったところか。いやー、ご苦労さま。

ブログ,日記

Page Top