Information

2011/02/17

笑顔

ある会社に行き、丁度昼どきで食事に誘われ、近所の中華料理屋へ若い衆も二人一緒に行くことになり、久しぶりに焼きそばを食べた。前に座ったH君は最初に会ったときからどこか自分に似たところのある青年だと興味をもって観ていた。彼は話をするときいつも笑顔だ。だが楽しいからの笑顔ではなく、どこか図太さをもちながらも繊細で遠慮がち、眼はそれほど笑ってはいない。恐らく本人は意識せずに自分の素顔をあまり人に見せたくない、見られたくない、そのカムフラージュとして笑顔にならざるを得ないのだと帰りの道で思った。自分も子供の頃「あなたはいつも笑顔だけど、声を出して笑ったのは見たことがない」とよく言われた。そうなのだ。H君が声を出して笑っているのはまだ一度も見たこともなければ、笑い声を聞いたこともないのだ。

ブログ,日記

Page Top