Information

月別アーカイブ:「2010年09月」の一覧

2010/09/27

猛暑

今年の夏は異常に暑いらしいがあまり感じない。田舎住まいだからまわりに木も多いし、風もよく通るからだろう。もっとも昔から家に冷房はないし、冬でも窓は半分開けていて厚着し、来客の時以外は暖房器具は押入れの中だ。化学的根拠など何もないが、外の気温と室内の温度が常に同じであれば風邪はひかぬしからだにも良いと誰から聞いた訳でなく自分で信じ込んでいるところがある。それともう一ツ、暑いだ、寒いだ、痛いだ、痒いだ、悲しいだ、苦しいだみたいなことを男はあまり口にするものではないといった気持もある。会社勤めだと冷暖房がある方が仕事の能率も上がって良いだろうが、我々の生活は暑ければ裸で汗をタラタラと流しシャワーを時々あびればすむし、また寒い時の布団の温もりのあの有難さは暖房のよく効いた部屋では味わえまい。都会の人たちは自然と共に生きるというごく当り前のことが出来ない環境で気の毒だと思う。そんなことを言っているうちにすぐ秋だ。

ブログ,日記

2010/09/26

種なし西瓜

日本に帰ってきてしばらく世話になった叔母の家は、戦中山梨に疎開していたという。叔母の家で初めて葡萄を出されたとき、一ツ一ツ種を出していたら叔母が笑いながら教えてくれた。「葡萄は種を出さず、種にあたる寸前で歯を止めて二・三回かんだら種ごとのみ込むのよ。種を出すと酸っぱいでしょ。そうして食べてごらん、甘くて美味しいから・・・。」と。
ビルの地下室で大量の野菜を作っていたりする時代だから、そのうち葡萄は種なしになり、これからの子どもは葡萄は種がないものと思ってしまうかも知れない。せめて植物はありのままの姿で口にしたいと思うのは時代遅れの老人だろうか。
例えば種なし西瓜などができたら西瓜が西瓜でなくなってしまうし、絵に描く時にもやはり種がないとサマにならない。

ブログ,日記

2010/09/25

朝日新聞

ロッキード事件だ、ホリエモンだ、政治とカネの問題だ、芸能人の麻薬使用・所持だと何か事あるごとにマスコミは正義面して何だかんだと高飛車に言いたて書きたてる。時の権力の監視役、正義の味方、月光仮面かと思うが実体はその逆、戦前生まれの自分たちは全く信用していない。近くは拉致問題を朝日はどう扱ったか、古くは戦前・戦中、朝日も毎日も、読売もどんな記事を書いてきたのか。そのためにどれだけ多くの人が命を落としたか、そのことの総括、謝罪はあったのか、難かしく詳しい話は知らないがと前置きして、たまたま小田原の小料理屋で隣り合った朝日新聞の名刺をくれた人に質問してみた。
彼は静かに焼酎のお湯割りを口にして、少し間をおいてから「そうなんですよね。我々はあと少なくとも百年はそのことを心にとめて仕事をしなくてはと思っています。」大嫌いな朝日新聞にこういう社員が居ることが嬉しかった。彼はまだ四十そこそこか・・・。

ブログ,日記

2010/09/24

のら猫

家のまわりに四〜五匹はのら猫がいるだろうか。丸々と太ったのもいれば、憎たらしく強そうなヤツもいる。その中で一匹、白と黒のまだら、からだも小さくやせ細り、そばに行くと眼ヤニをためた悲しそうな眼でジーッとこちらを見上げ、静かに背を向けて去ってゆくのがいて、なぜか心引かれる。いつも眼ヤニをためているので「ヤニッペ」と名前をつけているのだが・・・。オスなのかメスなのか、からだの調子が悪いのか、生き方が下手くそなのか、そう長生きはできまいとかいろいろなことを思っていつも見ている。今朝も五時すぎ、ゴミを捨てに出たら紫陽花の木の下にうずくまっていて、足音に気づくとそっと立って葉陰の方に歩いてゆき、身をかくしてジッとこちらを見ていた。
将棋指しの内藤國雄が唄った「おゆき」という歌に「どこか不幸がとり付きやすい、そんな気がするホクロが一ツ」という歌詩があるが、ヤニッペをみているといつもふとその一節を口ずさんでいる。

ブログ,日記

2010/09/23

まとめ買い

十月から煙草が値上がりするらしい。いつも買っている駅前のタバコ屋のおばさんが「いまのうちにまとめ買いしておけば・・・」というのだが「冗談じゃない、値上がりしたらまとめ買いするよ。」と笑って答えた。新聞では禁煙商戦に火がつき、関連商品の売れゆきが伸びているという。こういう話をきくと何となく淋しい。値上がりが理由で禁煙を考えるような人は恋でも常に打算が入り、相手に求めることのみ多い類の人種ではと思ってしまう。健康のためとか、家族のためとかもっと他に嘘でもいいから理由のつけ方があるだろうに・・・。自分は法律で禁じられない限り煙草をやめる気はさらさらない。ただ嫌な人が居るならなるべく迷惑のかからないように心がけるし、煙草を止めるという人にとやかく言うつもりもなければ、人に喫煙をすすめる気もさらさらない。ただ値上がりするから安いうちにまとめ買いするとか、値上がりを理由に止めるとか、そういう発想をする人はいやだなーとただそれだけの話。
父の友人で大酒呑みの人を評して、「あの方はお酒をもうチョッと控えれば家がもう一軒建ったのに・・・」と母が言ったとき、「バカ、それはまた全然別の話だ。」と父が不気嫌な顔をして横を向いたのを思い出す。

ブログ,日記

Next

Page Top