Information

カテゴリー:「インフォメーション」の一覧

2011/08/26

展覧会「横浜赤レンガ倉庫・20」次元を超えて /(雑感)-(3)

(雑感)-(3)
肩書きなし、背中に看板なし、これといって志をもって努力などしたことのない人間の、作品ともいえない代物にお金を出していただく方がをられたことは有難かった。書やデザイン、イラスト、絵、ときには文章まで、企業からの依頼があればただ飯食わんがために何でもやってきた。そして自分の能力の無さを思い知らされ、例え10円でも生じっかなことでは人は金を出さないことも知った。そして物事は一朝一夕でどうなるものでもないということも。ただ、OKを得て金欲しさだけの、期限をきられていやいやながら徹夜での作業、そんな悪戦苦闘の実戦の積み重ねは、肩書きだけの絵かきや書家では身につかない芸を知らず知らずのうちに体得できたかと自惚れてみたりもした。もし、親からの何億などという遺産でもあれば、モノ作りなど真っぴらご免、酒呑んで遊んで暮らしていただろう。「皆さん、地獄を見たことありますか?」自分もまだ地獄は見たことがない。臆病だから地獄の入り口を吸い込まれないように早足で通り過ぎた程度か・・・。才能もなければ、つける肩書きもない、芸術もへちまもありやしない。自分の愚かさ故に多くの人に見限られ、これといって失うものも無い。できれば身のまわりにたまったものを出来得る限り捨て去らねばと考え続けていた人間に、これもそんなに悪い人生ではなかったとほんの少し思わせてくれた展覧会だった。

インフォメーション,ブログ,日記

2011/08/25

展覧会「横浜赤レンガ倉庫・20」次元を超えて /(雑感)-(2)

(雑感)-(2)
六時閉館後、あまりに月がきれいだったので海べりの柵にもたれて二時間ほどボーッと眺めていた。暗くなるにつれて若いカップルや、会社帰りか六・七人の集団が集まってきて楽しそうな笑い声、犬の散歩に訪れる人とさまざま。赤レンガ倉庫の建物がシルエット化してゆき趣を増す。近代的なホテルや高層ビルにはない温もりが多くの人々を寄せつけるのか・・・。とはいうものの、まわりが歴史ある古い建物ばかりでは赤レンガ倉庫の価値も半減、新旧混じり合ってよいのだろう。ただ建築にしろ、絵画・書等全てに「現代」と名のつくものに人の肌の温もりをあまり感じられないのはなぜ・・・。メールやパソコンでうった手紙にもうひとつ有難みがないなどと言っているのは時代遅れか。目新らしさや、アイディアだけでなく、よく練り上げ、時間をかけて作り上げたものにしか価値をあまり見出せないのはやはりトシか・・・。20代の男女三人連れに声をかけ、高島屋裏、汚ない川添いの屋台(おでん)に連れてゆき、11時半ごろまで話し込んだ。こういう店は以前はショボくれたオヤジのたまり場だったが30代・40代がどの屋台にも多い。「こんなおじさんと初めて出会った、また機会があれば一緒に飲みたい」などと若い連中におだてられ、三連休の初日、その三人連れが別の友人二人を連れて会場に足を運んでくれたのにいい気分になっているようでは多くを語る資格はないか・・・。世間のことはどうでもいい、わが道を行くと開きなおった展覧会・二日め。

インフォメーション,ブログ,日記

2011/08/24

展覧会「横浜赤レンガ倉庫・20」次元を超えて /(雑感)-(1)

訳の分らない人間がただひとり、20人のメンバーに加えていただき7月20日に無事終了。感じること多々あり、思いつくままに書いてみようと思う。

(雑感)-(1)
三十年以上、年賀状のやりとりぐらいで、直にお会いすることのなかった方々と、この展覧会のおかげでお話することができた。停年退職された方、まだ現役の方とさまざま。例えば偶然街なかで顔を合わせても、お互いに分からないだろうと思われるほど変わられた方も何人か・・・。「お久しぶり・・・」と挨拶してものの二・三分で、その方がいまどういう状況でどのように毎日を暮らしてをられるかがおぼろげに察しがつき、五分~十分と話すうちに約80%感じたことに間違いはなかった。それはその方からかもし出される雰囲気というか、オーラというのか、そんなもので何かを感じるのだ。経済的に裕福であるとかないとかそんなことではない。単純に言えばほぼ人生の役割を終えて、いま毎日が充実しているかそうでないかの違いか・・・。声の調子、話の内容、表情などから何かが伝わってくるのだ。老後の人生というのはこれまでの経験が殆んど役に立たず、全くの新しい領域。ただ恐ろしいと思うのはその人が20代・30代・40代・50代と、どう生きてこられたかの証しを、年寄りというのはぶら下げて残り少ない人生を歩かねばならぬということだ。自分もいまさらどうしようもない。

インフォメーション,ブログ,日記

2011/08/02

横浜赤レンガ倉庫20 – 次元を越えて - 

7/13~20までの横浜赤レンガ倉庫での展覧会には、お忙しい中、そして猛暑の中を沢山の方々にお越し頂き誠に有り難うございました。
延べ約3,800人(通行来場人を除く)のご来場を頂き、驚きと共に大変感謝しております。
お陰様で普段接する機会のあまり無い方々とも触れ合うことが出来、とても有意義な時間を過ごさせて頂きました。

横浜赤レンガ倉庫20 - 次元を越えて -横浜赤レンガ倉庫20 - 次元を越えて -

横浜赤レンガ倉庫20 - 次元を越えて -横浜赤レンガ倉庫20 - 次元を越えて -

その他,インフォメーション,ブログ,制作

2011/07/08

横浜赤レンガ倉庫20 – 次元を越えて -

7/13~20まで横浜赤レンガ倉庫で20人のアーティストと共に、展覧会を開催します。
基本的に全日会場におりますので、お時間のある方は是非足をお運びください。

日程:2011年7月13日(水)~20日(水)
時間:11:00>18:00(20日は16:00まで)|入場無料
場所:横浜赤レンガ倉庫1号館2F

http://www.yokohama-akarenga.jp/access/

オープン:13日(水)13:00>
レセプション:13日(水)16:00>18:00

横浜赤レンガ倉庫20 - 次元を越えて -

その他,インフォメーション,ブログ

Back

Next

Page Top